「渡唐天神」

仙厓義梵

上の画像はクリックすると拡大してご覧いただけます。
下の画像はクリックすると上の枠に表示されます。

作家名
仙厓義梵
作品名
「渡唐天神」
寸 法
本紙:62.2×26.3cm
総丈:165.5×40.4cm
手 法
紙・墨
備 考
・画面左に「厓菩薩」・印「仙厓」
・賛「千早振三笠の山の梅か香に幾世か神の天降りけむ」
・幻住庵韜光箱
・「大仙厓展」図録(出光美術館、2013 / No.29、p.52)に類似作品有
解 説
仙厓 義梵(1750年~1837年)は江戸時代の臨済宗の禅僧、画家。
美濃国で生まれ、11歳の頃臨済宗の僧となった。19歳になり行脚に出、の後に月船禅彗の門下に入る。32歳で印可を受け再び行脚の旅に出る。39歳より博多の聖福寺の盤谷紹適の法嗣となる。住持を23年務める。88歳で遷化するまでに、多くの洒脱・飄逸な絵画(禅画)を残す。

お問い合わせINQUIRY